家族やパートナーがヘルペスの時は感染に気を付ける

性病感染で喧嘩した男女 ヘルペスはヘルペスウィルスに感染して発症する病気であり、様々な経路で感染が広がってしまうので注意が必要です。感染力も非常に強いため、濃密な接触をしなくても簡単にウィルスを移されてしまうこともあります。

基本的には、ヘルペスの代表的な症状である水膨れができている段階が最も感染力が強いとされています。この水膨れの中にはヘルペスウィルスが山ほど含まれており、もし皮が破れたりすればウィルスが周囲に広がって感染の可能性が高まるため注意が必要です。

具体的に言うと、親が子供に頬ずりをしたり、パートナーと性行為を行うことで患部が触れてしまい、そこから感染してしまうケースが多いです。濃密な接触をする間柄や家族間ほど感染の可能性が高くなるため、もし家族やパートナーに発症している人がいる場合は注意しておきましょう。

健康な状態であれば、皮膚の角質層は十分に厚くしっかりしているのでバリア機能が働き、ヘルペスウィルスが付着したとしても簡単には体内に侵入できません。しかし皮膚に小さな傷ができていたり、湿疹やささくれなどちょっとしたダメージがあれば、そこから侵入してしまいます。バリア機能を持つ角質層が無い粘膜部分に付着すれば、より簡単に侵入できることになります。

ウィルスに感染していたとしても、免疫力が十分にあって水膨れなどの症状が表に現れていない状態なら感染する危険性はありません。このため、一度発症した後に治癒した場合は、再発しない限りは普段から過剰に感染に気を付けておく必要はないでしょう。逆に、軽くても症状が現れている人がいる場合は、絶対に患部を触れたり密着しないようにすることが大切です。

ただ、家族やパートナーと一緒に生活している人も多く、完全に接点を持たないようにすることは難しいでしょう。発症している人はできるだけ患部を晒さないように注意し、予防対策をしっかり行って周囲に広げないようにすることが大切です。

消毒はこまめに!食事の時も箸やコップは共有しない

ヘルペスはウィルスが体内に侵入することで発症するので、感染を予防するためにはできるだけ患者のウィルスが付着しないようにすることが大切です。患部を自分で触れたり、相手に触れさせたりしないのは言うまでもなく、毎日の生活の中でも注意しておきたいポイントはあります。

まず避けるべきなのが、タオルの共有です。洗面所ではタオルをパートナーや家族で共有して使っているケースも多いですが、これは非常に危険です。患者は指で自分の身体を触ることが多く、気付かないうちに手にウィルスが付いている可能性もあります。

手洗いが不十分だった場合、落としきれなかったウィルスが手を拭いた際にタオルに付いてしまいます。その後、家族やパートナーがタオルを使えば今度は手にウィルスがくっ付いてしまうため、そこから感染する可能性が高いでしょう。このため、発症している人がいる場合は、その人用に別にタオルを準備することが大切です。

また、食事の時に箸やコップを使いまわすのも止めましょう。唾液の中には健康な時でもヘルペスウィルスが含まれており、発症している時にはさらに大量のウィルスが存在しています。このため食事の時には箸にもコップにもウィルスが付着している可能性が高く、使い回せばほぼ確実に感染してしまいます。必ず自分の分だけを使い、使用後にはしっかり洗うようにしましょう。

タオルや食器などウィルスが付着しやすいものは、できればこまめに消毒することが大切です。塩素系の漂白剤などを使えば簡単に消毒できるので、浸け置きやスプレーするなどしてウィルスを弱体化させておけば、周囲の人に移らないように予防対策を行うことができます。患者本人も、自分で頻繁に手を消毒するなどして注意を怠らないことが大切です。